電子書籍どうでしょう

イマイチ盛り上がりがない日本の電子書籍業界に言いたい放題やってます。

最近の悩み:紙書籍の電子化について02

悩みというより『ただの愚痴』です(笑)。

 

出版社などの電子書籍を担当されている方って、どれだけ電子書籍のこと理解されていますか?

 

私の思う『電子書籍の担当者』のお仕事とは

1. 文字原稿(InDesignやWordなど)・画像原稿・その他入稿用PDFなど電子書籍を制作するのに必要な原稿の用意と確認。

2. 電子書籍制作に最低限必要な指定や指示。

3. 電子書籍ePUBの仕上がり確認(校正)。

4. 必要なデータを用意して電子書籍を各ストアに配信する(専門業者への委託を含む)。


さまざまな原稿が必要となりますが、基本的には印刷データと同じです。
昨日今日入ったばかりの新人さんでない限り、印刷するのに必要なデータは理解されていると思います。
まずInDesignデータで文字原稿をいただくことが多いのですが、『印刷データ』のまま送ってくるケースが100%です。予め電子書籍用に修正された文字原稿をお預かりすることは過去に例がないです。

 

あくまでも↓は一例です。

 

例えば文章中に「135ページの図を参照」などの『他ページ』への誘導をさせる一文が入っていることがあります。電子書籍の場合はページ数という概念がないので、図のある場所が「135ページ」とはなりません。そこでリンクをつけることになるのですが、「135ページの図を参照」→「図を参照」というように修正する必要があります。
本来なら文字をePUB用に修正したInDesignデータと「●●ページの図を参照は入稿用PDF135ページの図にリンクしてください(戻るリンクは不要)」などという指定があってしかるべきです。1冊の書籍に1〜2箇所ぐらいなら『校正後の直し』で対応しても良いとは思うけど、100箇所ぐらいあるときは最初から文字原稿を修正しておいてほしいです。

しかし実はあえて「電子書籍用に文字原稿を修正してください」というお願いをしていません。なぜかと言いますと担当者から「まず丸投げしますので、それで電子書籍にしてください」と言われているからです。つまり電子書籍になった状態で確認や校正をする」、もしくは「電子書籍になった状態じゃなきゃ確認や校正ができない」と思い込まれてしまっているからです。

 

当初仕事を請け負う前に「えっ?なんで??」とは思いましたが、ビジネスですし先方も素人ではないだろうと判断して、受注を始めたのですが、今となってはちょっと後悔しています。

特に「電子書籍になった状態じゃなきゃ確認や校正ができない」というところを甘く見ていました。

出版社を代表する電子書籍の担当者なのに、その程度のことも予測できないということは、印刷の紙書籍だったら「製本して1冊の書籍が出来上がった状態じゃないと確認や校正ができない」ということと同じですから!

 

ePUBを制作する側から言わせてもらうと

「先に原稿修正(正しい文字原稿のこと)しておけば校正が楽でしょ」

と思うのですよ。

 

100箇所の原稿修正とリンク指示の場合は先にやっても後にやっても同じ時間がかかります。だったら最初からやっておけば、リンクの確認なども最初の校正で確認できますので、結局は時短になります。

ウチの場合は本文中に「135ページの図を参照」という一文があっても、リンクは貼りません。なぜなら担当者から指示がないからです。基本的に印刷のDTPなども同じですが『制作側は文字や文章を読まない』というのが古くから伝わるルールです。先方から指示や指定がない限り文字原稿通りに作ります。もちろん誤字脱字などがあったとしてもそのまま気にすることなく制作します(ただし最終校正で直しの指示がなかった場合は問い合わせます)。

「え、そんな意地悪しないでリンクぐらいすればイイじゃん、結局あとでリンクすることになるんでしょ?」

一理あるとは思いますが、先方の指示がない限りやりません。

理由としてはそのページに図を追加することで「135ページの図を参照」自体が不要になるかもしれません(場合によってはリンクさせるより追加しちゃった方が良いと考えています)。一方通行のリンクなのか戻るリンクなども必要なのか、さらにどのような戻るリンクにするのかなど、コチラでは不明ですし勝手に決めつけることはできません。

 

「だったらキチンと相談とか話合いとかして改善すればいいのでは?」

 

ソコなんですよ、問題なのは!
本来ならそうしたいところなんですが、ウチで電子書籍を制作する以前から他社とも制作しています。

 

 

 


そして担当者は「丸投げして電子書籍を作ってから校正して直していく」というスタイルがこの世の常識だと思っているのです。さらに困ったことに感情的になりやすい方のようなので、取扱い注意の担当者様なんですよ。


そのような方とメールだけでは、どうしても説明が足りなかったりします。最悪仕事自体が消滅してしまう可能性すらあります。

直接お会いできれば良いのですが、ウチからその出版社へ出向くとなると新幹線もしくは飛行機を使わなくてはなりません。交通費を負担してくれるのであれば明日にでも伺いたいぐらいですが、それをお願いしようなんて考えたこともありません。

SkypeとかLINEなどを使ってくれるほど器用な相手ではないので、本当に難しいです。

 

だから・・・『ただの愚痴』なんですよ(笑)!

 

つづく・・・かも?

最近の悩み:紙書籍の電子化について01

ウチの仕事のひとつですが、電子書籍ePUB制作などをやってます。
出版社などのクライアントから紙書籍用のデータをお預かりして、電子化するのですが紙書籍用のデータと言えばAdobeInDesignです。

ウチではInDesignでのデザイン制作なども長年やっていますので、コレと言ってファイルの取扱いには問題ないのですが、クライアントによって『InDesignデータの作り方が全然違う』のですよ。

 

例えば

『文字スタイル』をまったく使わずに1冊作っている(電子化には影響ないですけど、そんな作り方で大丈夫なんでしょうか?)。
特殊な文字(フォント依存文字・機種依存文字)や記号書体を使っている。
文字のバランスを取るために、やたらと全角スペースや半角スペースを多用している。
など

 

そして一番困るのが、『校了した最終データではないInDesignのファイル』だったりすること。

 

滅多にないけど、過去4回ぐらいありました。。。

 

単純に文章を入れ替えるだけなら良いのですが、フォントの大きさや太さなどを細かく変更しなくてならないことが多いので、とにかく時間がかかる。10分ぐらいで終わるなら無料で対応しますが、数時間かかることもしばしば・・・。もちろんその分は追加料金をお願いするケースもあるけど、渋るクライアント様もいらっしゃいます。

それでもお預かりした印刷データを信じてやるしかない・・・。

まぁ紙書籍は印刷して製本しちゃえばイイので、『見た目』がすべてです。正確に言うとPDFに出力して校正した段階で、良ければOKです!文字のアウトライン化などをしておけば、たいていの印刷屋さんで印刷可能です!!

 

電子化するときは若干話が違ってきます。

まずフォント(書体)です。

出版社や著者にもよりますが、「なんで紙書籍と同じフォントで表示できないの?」ということらしいです。

基本的にウチではフォントの埋め込みをするようなePUBは受注しておりません。使えるフォントと使えないフォントがあったり、フォントメーカーのライセンスだったりとか色々と面倒だからです。よって、フォントの埋め込みなどがどうしても必要な場合はお断りさせていただいてます。

 

 

 

電子書籍はビューワにフォントを依存しているので、そのビューワに使われているフォントで表示されます。ビューワによっては任意でフォントを入れることもできます。

電子書籍を購入したユーザーが自由にフォントを選択できるというメリットです。

※実は私も電子書籍を購入して明朝系のフォントだった場合、必ずゴシック系に変更して読みます。私にとってはゴシック体の文字の方が読みやすいからです!

 

文字の大きさも上記と同じような理由で、変更することが多いです!まぁ(老眼なので:笑)主に拡大することになるのですが、そうなるとレイアウトが崩れることが結構あります。

罫線を入れたり、文章を囲ったりするのはまだ良いのですが(ページ戻りで崩れることが良くある)、文章の段を変えてあったりとか画像が細かくレイアウトされていたりすると厄介です。タイトルや見出しなども本来改行せずに1行で表示したいのでしょうけど、全体の文字を拡大すると2〜3行ぐらいになります。

 

すべての電子書籍を確認することはできませんが、最近の傾向としてePUBの質が低くなったような気がします。
※けっしてウチのレベルが優れているということではありません→普通です。

 

電子書籍は紙書籍とは別物なので、ユーザーとしては「とりあえず普通に読めればイイ」ということを意識していただけるとありがたいです。なんだか紙印刷を再現しようと必死になっているのが伝わってくる電子書籍が結構あるような気がします。

 

逆に読みにくくなるのがツラいです。。。

 

基本的にウチでは最終的なレイアウトや文章などの校正チェックはやりません。
あくまでもクライアントの方にやっていただき、OKが出れば校了です。
こちらからあえてアドバイスや意見をすることはありません。

 

例えば、20インチ以上の画面のPC、15インチのノートPC、10インチのタブレット、7インチのタブレット、5インチのスマホなど、どの端末で電子書籍を扱うのかはユーザーの自由です。出版社の方はそのすべての端末で書体を変えたり文字を拡大縮小するなどのチェックをやっているのでしょうか・・・。

 

さらにAmazon Kindleだけで販売されているのなら、そこだけに合わせることもできるでしょうけど、さまざまな電子書籍配信サイトで販売するとなるとビューワが違うことによる不具合が出る可能性があります。そのアタリのチェックは誰がやっているのでしょうか?

 

『紙書籍と電子書籍はまったくの別物である』という認識を出版社や個人出版の方、そしてユーザーも同じく認識する必要があると思います。

 

※なお、ウチでは法人はもちろん個人で出版される方の電子書籍ePUBも制作を承っております。ご連絡お待ちしてます!

 

『Google AdSenseアカウント非承認からの脱出』です

当方では電子書籍などの制作しています。

先日、個人のお客様より依頼を受けて『Google AdSenseアカウント非承認からの脱出』という電子書籍を制作しました。

※表紙もウチのデザイン制作です。

 

宣伝を依頼されたので、貼らせていただきます。

電子書籍の制作受注があった場合、ご希望があれば宣伝させていただいてます。

 

 

Google AdSenseアカウント非承認からの脱出
 

 

 

内容としては

Google AdSenseアカウント非承認のメールが来て自分のブログに広告が掲載されなくなった。正しい申し立てをしたら翌日アカウント再開された」

というストーリー(?)で、体験談・実話だそうです。

 

個人的にGoogle AdSenseはなんとなく聞いたことがありますが、利用していないので、詳細はわかりません。。。

※このブログはPROではないので、広告は『はてな』さんのです!

 

どうやらGoogle AdSenseのルールを破ってブログなどをやっているとGoogleから『垢BAN』されるということのようです。ネトゲなどではよく聞く言葉です!

 

一応内容は読みましたが、申し立ての回答が「えっ、こんな回答で大丈夫なの?」というぐらい回答で・・・ビックリしました。たぶん著者の方も驚かれたと思います。

 

ネットで検索してみたところ、申し立て送信から返事が来るまで1週間前後かかるところ翌日にアカウント再開のメールが届くという素早さ!

多くの方が申し立てをしてもアカウント再開とはならず、2度とGoogle AdSenseのアカウント取得することができないそうです。

 

たぶん申し立てがシンプルだったので、Googleとしても調査などの必要がない分、返事が早かったんだと思いますが、まぁホント・・・よくアカウント再開になったものだと、ある意味スゴイと思いました。

 

ただし、Googleに垢BANされた人すべてに当てはまらないと思います。

無効な操作というのがキーワードです。

 

※なお『Google AdSenseアカウント非承認からの脱出』は必ずアカウント再開を約束するものではありませんので、予めご了承ください。