電子書籍どうでしょう

イマイチ盛り上がりがない日本の電子書籍業界に言いたい放題やってます。

ついに週間少年ジャンプが電子書籍化!

本日7月13日、集英社の「週間少年ジャンプ」が電子書籍となり、紙印刷と同時発売されました!

 

※一応Kindleのリンクを貼っておきますが、集英社のジャンプサイトを見ると

「AndroidはGoogle Play」

「iOSはiTunes

これらを推奨しているようですね。

Kindleだと本を単体で購入できますが、AndroidとiOSでは「ジャンプBOOKストア!」のアプリをインストールする必要があります。会員登録してメールアドレスを送信すると複数の端末間で電子書籍を共有できますので、通常は登録した方が良いでしょう。

今回の電子書籍は33号の連載漫画と特典がてんこ盛りで価格が300円(税込)というのが、なんとも言えません・・・(紙印刷は250円)。

特典と言っても

【特典1】「週刊少年ジャンプ」33号の『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』『黒子のバスケ』『暗殺教室』のオールカラー版をモノクロ版とあわせて掲載

【特典2】DRAGON BALL×ONE PIECEE『CROSS EPOCH』復刻掲載(初出:「週刊少年ジャンプ」2007年4・5合併号)

【特典3】こちら葛飾区亀有公園前派出所『ジャンプ40年史の旅』復刻掲載(初出:「週刊少年ジャンプ」2008年34号)

【特典4】デジタル版限定「45thビジュアルジャンプ!!」収録。※「ジャンプBOOKストア!」限定特典:鳥山明氏 新連載『銀河パトロール ジャコ』特製壁紙

という内容なので、紙印刷よりお買い得感があるかどうかは人それぞれでしょう。

紙印刷本は表紙がAR付き!たくさんのキャラクターが飛び出してきます。でも・・・あまり見る価値はないですね。アニメーションというか固定イラストがウニャウニャ動くだけですから。ジャンプのサイトに動画がありますので、それでも見れます。

それと「スクリーンショット」はできます。iOSとAndroidで確認しましたので、特典などはSSして画像をパソコンに保存しておくのも良いでしょう!(SSのやり方がわからない人は独自に検索して調べてください)
※SSした画像を他人に譲渡したりネットでバラ撒いたりしないで下さい。

で、勘違いがないように一応書いておきます。

「少年ジャンプ創刊45周年特別記念」ということで、どうやら34号以降の電子書籍化は予定されていないようです・・・。